単純ヘルペス、帯状疱疹に「アシクロビル」の効果

アシクロビルを病院ではなく、通販で!

口の周りの痛み、下半身の痒みを感じた時、「帯状疱疹、単純ヘルペス」が原因で起こっているのかもしれません。

 

この悩みを解消してくれるのがアシクロビルになります。

 

アシクロビルを使うことで、体内のヘルペスウイルスの増殖を抑える作用があります。
そのために、痛みやかゆみ、炎症を抑えてくれます。

 

 

しかし、気をつけなくてはいけないのが、発症してから3日以上経過してから、薬を使用しても効果はありません。
ダメ
これは、ヘルペスウイルスが、すでに増殖を終えているからです。

 

そのために、症状を感じたら、すぐにアシクロビルを使うことが重要。

 

病院の皮膚科で、医師からの処方箋を通して、アシクロビルなどの抗ウイルス薬が処方されます。

 

口や目の周り、下半身に違和感を感じたら、病院を受診し、医師の指導のもとで、処方箋の交付を得ることで、アシクロビルを使うことができます。

 

ただし、病院に行く時間があれば問題はないと思いますが、仕事などの影響で、時間がないとき、どうしてもそのままにしてしまい、症状が悪化してしまうケースが多い。

 

たしかに、ヘルペスウイルスは一度増殖を始めると、一段落して沈静化するため自然に収まるケースも有ります。
しかし、ヘルペスウイルスの量や症状により、水疱が大きくなり傷跡や炎症が残ってしまうこともあるために、気づいたら、すぐに薬を服用することが、重要になると思います。

 

アシクロビルを病院で処方
  • 服用までに時間がかかる・・・
  • 薬以外に、診察代、移動代などのお金がかかる・・・
  • 保険適用後なのに高い薬価・・・

 

そこで、利用したいのが病院ではなく、通販を利用しアシクロビルを購入する方法です。

 

基本的に、アシクロビルなどの医療薬は、国内だと病院でしか購入できません。
しかし、インターネットを利用し、海外で販売しているアシクロビルは、保険適用ナシで、個人で購入することは可能となっています。

 

たとえば、病院の場合だと、一週間〜二週間分しか処方されないアシクロビルが、通販を利用すると、自分自身が求める用量を購入できます。

 

ヘルペスの場合は、発症してからどれだけ早い段階で抗ウイルス薬を服用するかが重要なために、常備しておくことは重要になると思います。

 

通販で注文すると、送料のお金はかからず、1週間ほど届きます。
海外の薬を購入するために、価格の変動は有りますが、基本的には病院で販売されているアシクロビルと大差はありません。

 

 

 

ヘルペスの悩み

帯状疱疹は、小さい頃に発症する水ぼうそうのウイルスが原因でおこります。
このウイルスは、水ぼうそうが治った後も、体内の中に存在し、数年〜数十年立って免疫力が低下した時に、再び悪さをしてきます。
アシクロビルを通販で購入※単純ヘルペスの薬の効果

 

これが単純ヘルペスになります。
口や目の周り、下半身などの神経に起こる病気で、帯状疱疹と比較すると、症状は低いのですが、何度も起こりやすいのが特徴です。

 

特に、疲労やストレス、栄養不可など、免疫力が低下することで、発症率が高まり、再発を何度も繰り返すのが特徴。

 

10代ではほとんど単純ヘルペスの発症率は低いのですが、20代後半から掛かりやすく、じょじょに年齢とともに、免疫力が低下するために、発症率が高くなります。

 

単純ヘルペスが起こると、ウイルスが神経を傷つけるため、痛みを感じたり、炎症を起こしたりします。

 

そこで、この悩みを改善させるために「単純ヘルペス、帯状疱疹」の薬であるアシクロビルを服用します。

 

アシクロビルの効果

アシクロビルは、痛みや炎症をコントロールすることを目的として使います。
内服剤と外用剤(軟膏)の2種類があり、症状により使い分けることが重要になります。

 

たとえば、アシクロビルは高ウイルス剤に部類され、効果は強いタイプなので、服用すれば、即効性が有り、痛みや炎症をすぐに抑えてくれます。

 

ただし、効果が強い分、副作用が起こる可能性もあるために、十分に理解した上で服用すること。

 

帯状疱疹や単純ヘルペスの原因は、免疫が低下し、ウイルスが増殖をすること。そのために、アシクロビルはヘルペスウイルスを抑える作用があります。

 

しかし、アシクロビルのウイルスだけに効果があるわけでなく、他の部分にも作用します。つまり、これが副作用となるために、気をつけなくてはいけません。

 

症状によりますが、
「頭痛、下痢、吐き気、腹痛、めまい」
などが報告されています。

 

そのため、副作用のことを考えて、外用剤を利用する人もいます。

 

内服剤と比べ、効果は劣りますが、その分副作用は少ない。

 

外用剤は、ウイルスの少ない発症初期に用いると効果的だと思います。