帯状疱疹とヘルペス

帯状疱疹の原因

そもそも帯状疱疹とは一体どんな病気なのか?っと感じる人は結構多いのではないでしょうか?普段とは違った皮膚のかゆみや症状を感じてから行動する人もいると思いますが、まずは原因としては水泡と呼ばれるぶつぶつが起こることで、痒みに悩まされ勝ちになります。

 

人が子供の頃にかかる病気と呼ばれ、治ったあともそのウイルス自体は神経に残っており、年月を経てからなんかのきっかけで活性化して、皮膚の表面に出てきて湿疹を起こして、そこから痒みや痛みを感じる恐れがあります。

 

初期の段階でチクチクピリピリとして、そこから強い痛みに変わり、水疱になるという流れです。

 

誰にでも一度は起こる病気ですが、一度発症してからすぐに気づき病院にかかることが大切であり、そこで処方されるのがアシクロビルなどの薬です。

 

どうして早く病院に行くことが重要かというと、後から処方しても効き目がないからです。気づいてからすぐに薬を服用することに意味があり、72時間以上立ってからアシクロビルの薬を服用しても殆どは意味が無いと言われています。

 

普段とは違った赤みやかゆみ、それから痛みを感じたら、まずは皮膚科の診察をうけることが重要になります。