気づいたらすぐにケアすること

帯状疱疹とウイルス

免疫力が弱い子供の時期に発症しやすい帯状疱疹。
そのために、症状を感じ始めたら抗ウイルス薬の「アシクロビル」を服用することが重要です。

 

帯状疱疹を発症させるウイルス「水疱、帯状疱疹ウイルス」は、以前にかかった水ぼうそうの時に体の中に入ってしまったウイルスがひとつの要因です。

 

水ぼうそうに、最も多くかかりやすい年齢は2〜3歳で5歳までに85%が発症する。まれに年齢の高い方にも起こることが有ります。

 

この症状は感染力が強く、患者の喉やクシャミで飛ぶ唾液などから観戦するおそれがあるために、注意が必要です。

 

なかなか目では見えないために、違和感を感じたら皮膚科に受診をすること。鼻や口から入ったウイルスははじめの喉の周辺の粘膜やリンパの筋に侵入し、そしてここからウイルスを増やします。すると、このウイルスたちは神経に悪戯をすることで、徐々に痛みを感じ始めます。

 

発疹によっては、痛みの他にかゆみ、水ぶくれ、最終的にはかさぶたなど、ウイルスの量や症状で異なります。

 

感染してから発疹が出るまで約2週間。できるだけ、症状を感じたら、病院にて検査を受け、薬を服用、ならびに外用剤を塗ることが、解決策になります。