免疫力はすごく大切な役割を果たします。

免疫とウイルスの戦い

ウイルスは、新型のインフルエンザウイルスが流行ると、重症な患者が増えるという統計が有ります。これは初めて感染したウイルスの場合、体に増殖を抑える免疫ができていないためです。

 

そのために、子供に発症した場合に症状が強いのがわかります。
体内で役割を果たしくれる免疫は、このウイルスたちを侵入したり、増殖させないのが役割です。そのために、免疫はすごく大切な存在になります。

 

しかし、何らかの病原体が初めて体に親友してきた時、免疫機能は様々な方法でこれを撃退しようとします。そして、病原体に対して有効な撃退法を学び再び同じ病原体が、侵入、または増えないように戦ってくれるわけなんですね。

 

ウイルスは、帯状疱疹やヘルペスだけでなく、インフルエンザにもウイルスが存在します。そのために、免疫力が強ければ、インフルエンザを予防してくれます。しかし、年齢や疲れ、栄養不足が影響することで、予防できなくなり、ウイルスが増殖を繰り返してしまいます。

 

そのために、ウイルスが増えないように、発症に気づいたら、素早く薬などを服用することが重要になります。インフルエンザの場合はワクチンですが、ヘルペスは内服薬や外用薬などを利用します。