帯状疱疹と単純ヘルペスの違い

同じようなウイルスでも微妙に異なります。

体内に存在しているウイルスも色々有りますが、その中で、帯状疱疹や単純ヘルペスの原因となるのは「水疱、帯状疱疹ヘルペス」が原因だからです。

 

感覚神経の神経に潜む性質を持っているこの厄介なウイルスが、増殖を繰り返すことで痒みや炎症、ひどいときは水疱が起こってしまいます。

 

なかでも、胸神経と三又神経に潜むことが比較的多いことがわかっています。そのため、帯状疱疹、胸や背中などの神経の領域と顔面などの酸叉神経の領域に多く発症することがわかっています。

 

一方、単純ヘルペスウイルスは、やはり感覚神経の神経の筋に潜むため、単純ヘルペスの1型(HSV-1)は上半身の神経節、たとえば目や口の周りにヘルペスが起こりやすくなります。

 

それに対して、2型(HSV-2)は、下半身の神経筋に比較的多く潜むために、下半身の性器やした又などに症状が出やすい。

 

 

帯状疱疹の水疱ウイルスと、単純ヘルペスのヘルペスウイルスは基本的には同じなんですが、一番の違いは、再発があるものとない所です。

 

帯状疱疹は一生の中で一度きり、それに対して、単純ヘルペスは、症状は浅いのですが、何度も再発します。

 

水疱・帯状疱疹ウイルスも、単純ヘルペスウイルスも、感覚神経の神経節の神経細胞の核の中に洗浄し、免疫機能がうまく機能しなくなった時に再び増殖し始める。この時、水疱・帯状疱疹ウイルス、神経細胞の周りにある細胞、シュワン細胞を通って、細胞から細胞へと感染しながら皮膚に向かい、そして、炎症やかゆみ、水疱などが起こります。

 

単純ヘルペスのウイルスは、神経細胞の中で、増殖して、神経の繊維である軸という通路を通って神経の末端まで移動し、皮膚の表面まで到達します。このため、途中の細胞がダメージをうけることがない。そのために、強い痛みはないのです。

 

これが帯状疱疹と単純ヘルペスの違いになります。