すぐに対応できるヘルペスの薬は通

ヘルペスの薬のタイミング

帯状疱疹の治療として、ウイルスが増えることを抑えることが重要になります。そのために使う薬を抗ウイルス薬と、発疹や水ぶくれなどの皮膚症状を改善する抗生物質などが有ります。

 

基本的に抗ウイルス薬のほうが効果率が高いために、現在では処方されやすい。しかし、ウイルスを殺すことはできないために、再発が起こった時に、服用することで、抑制し、症状を改善するという仕組みになります。

 

ヘルペスは、自信のDNAをコピーして増殖をしますが、抗ウイルス薬はそのDNAの合成を妨害することで、ヘルペスウイルスの増殖を防ぐのです。

 

抗ウイルス薬は、一般的にアシクロビルが利用されますが、症状を感じたら早めに使用すること。薬は、発疹などが現れてから3日以内に服用する必要があります。症状にかかわらず7日間飲み続けなければなりません。

 

その間に痛みなどの症状が消えても、医師の指示通りに飲み続けることが重要。服用が早ければ早いほど、効果が高く、逆に3日以降では全く効き目が無いために、違和感を感じたらすぐに利用することが大事です。

 

ただし、病院で薬を処方してもらう場合、受診をしなければいけません。そのために、インターネットを使い、通販で利用する方法盛ります。通販だと、多めに注文できるために、症状が起きても、すぐに対応することができます。