アシクロビルの使い方

症状によって他の治療薬も使うこと

私は症状を感じたらすぐにアシクロビルを使っています。できるだけ早いほうが、それだけ効果が強くなると聞いていますね。逆に、3日異常たってから薬を服用すると、それだけ効果が殆ど無いと言われているために、普段とは違った症状を感じたら、すぐにアシクロビルなど、専用の薬を使うことが望ましくなりますね。

 

抗ウイルス薬以外の薬物療法としては、ウイルスの増減によって起きることに対して、抗炎症鎮痛剤を使用する。それにより炎症を抑え、痛みを抑える、帯状疱疹では痛みを抑えることも帯状疱疹の後遺症神経痛に移行させているために重要になると言われています。要するに、そのままにしておくことで、どんどんと悪化するということになりますね。

 

一般的には、抗ウイルス薬の内服薬での治療になりますが、重症の場合、それから高齢者の免疫低下を伴い基礎代謝がある入院するほどの症状が起こることも有るんだって。やはり、普段とは違う肌の違和感、痒みや痛みを感じたら、すぐに薬を使うことが望ましくなりますね。

 

水ぶくれの状態により使い方も異なりますが、軽症の場合は、塗るタイプを使ってもいいかと思いますね。